当社のアプローチ

アクション可能な知見を発見する。 データサイエンスのロックスターになる。

私たちはデータを集め、それを作業に生かして難しいビジネス課題を解決することに情熱を傾けています。Pivotalの世界最大規模のデータサイエンスチームと手を組むことで、お客様は組織に本当の価値をもたらすアクション可能な知見を得るだけでなく、データサイエンスと分析機能を適用して、将来の課題を解決するために必要なスキルを学ぶことができます。データサイエンスで取り組みたい具体的なビジネス課題がある場合も、チームをデータサイエンスの専門家に育て上げたい場合も、Pivotalはお役に立ちます。
データサイエンスに対するPivotalのアプローチ
取り組みの内容はそれぞれ固有であるものの、データサイエンスに対するPivotalのアプローチは、包括的なフレームワークに基づいています。

機会の特定

分析能力のレビュー

まずPivotalのデータサイエンスチームは、お客様と協調して、ビッグデータ分析や予測的モデルに関するお客様組織の現在の能力と目標とする能力を調べ、評価します。この徹底評価は、お客様の技術スタックや能力に留まらず、より大局的なビジネス組織、スキル、目標、および阻害要因にまで及びます。

データ機会の特定

次に、当社はお客様の「地上検証データ」とビジネス目標をデータを三角測量の基準点として、予測可能なユースケース、影響力のあるスマートアプリケーション、その他のデータバリューストリームを特定し、データ駆動のビジネス機会の発見に注力します。

ダイナミクスを解き放つ

データの探索

Pivotalのデータサイエンティストは、お客様のチームと協働しながら、利用可能なすべてのデータを探索し、目標とする使用シナリオに対する品質、完全性、および適用可能性を見極めます。

フィーチャエンジニアリング

次に、私たちは協調してお客様が目標とするユースケースやモデリングアプローチを支える既存のデータフィーチャを特定し、必要に応じて新しいデータフィーチャを設計します。さらに、追加的なデータソースを組み込んで、新しい分析アプローチの強化を図ります。

データの予測力を活用

予測モデルの開発

お客様と連携しながら、分析モデルを反復的に進化、高度化させ、指定されたトレーニング対テストデータをもとに、目標とするユースケースに対するモデルの予測パフォーマンスを定量的に測定します。

スマートアプリケーション

最後に、Pivotalのデータサイエンティストはお客様のチームと協働して、開発したモデルの予測能力をビジネスロジックとアプリケーションに組み込み、連携の度合いを高めながら、希望する結果へと導きます。さらに、結果データを予測モデルに戻し、循環させることで、正確性をさらに高め、スマートアプリケーションのパフォーマンスをさらに強化します。

Pivotalのデータサイエンティストチーム

当社のチームは、さまざまなバックグラウンドを持つ40名を超えるデータサイエンティストから成るため、あらゆる業界にわたり、お客様のニーズに応じたソリューションを提供できます。マーケティング分析、生命情報工学、またはテキストやビデオの分析など、当社はお客様のデータ関係者やSMEと直接連携しながら、お客様組織のデータサイエンスプラクティスを結実させ、強化します。お客様のデータの可能性を最大限に引き出すためのツールやテクニックについてもアドバイスさせていただきます。


「教育という重要な事柄に関して、より多くのデータソースを使用して、より情報に支えられた意思決定を助け、より高度な教育で学生たちを成功に導くという考え方が気に入っています。また、データを用いることで教授陣がより指導しやすくなるという点もよいですね。」
Gerry McCartney
最高情報責任者および情報技術准教授, Purdue University
データを実用化する
データサイエンスを体感してください

最高の仕事をする
Pivotalチームに参加してください