Pivotal Container Service (PKS)

本番等級のKubernetes

Day2オペレーションのための高可用性

コンテナ化されたワークロードをプライベートクラウドとパブリッククラウドの双方にわたり確実にデプロイし実行します。PKSは、組み込みのHA、監視、自動ヘルスチェックなどを含むコンテナオーケストレーションのDay2オペレーションの負担を軽減します。

PKSは以下のワークロードの実行に理想的です。

  • Apache SparkやElasticsearchなどのステートフルでクラスタ化されたワークロード
  • (ISVアプリケーションのように) すでにDockerイメージとしてコンテナ化されているアプリケーション
  • インフラストラクチャプリミティブへのアクセスを必要とするワークロード





オープンソースKubernetes

PKSは最新の安定したKubernetesのOSSディストリビューションを使用しており、独自の拡張はしていません。

マルチテナント化が容易

ワークロードを適切に分離。ネットワークのセグメンテーションを使用して、単一のクラスタ内でコンテナを保護します。または、分離レベルを高めるために複数のクラスタを簡単にデプロイできます。

パッチの自動化と
包括的なセキュリティ

PKSを使用すると、システム内のすべてのKubernetesクラスタをデプロイ、スケール、パッチ適用、アップグレードをダウンタイムなしに実行できます。新しい脆弱性が検出された場合にもセキュリティ修正プログラムを迅速に適用できます。




特長

本番運用可能

PKSは、アプリケーションからインフラストラクチャまで、またスタックの上層から下層に至る高い可用性を備えています。

マルチクラウド

PKSは、vSphereを使ったオンプレミスまたはパブリッククラウドにKubernetesをデプロイし利用する柔軟性をITチームに提供します。また、PKSはBOSHによって強化されているため、あらゆるクラウド上で信頼性と一貫性のある運用体験を実現できます。

ネットワーク管理と、すぐに使えるセキュリティ

PKSにはNSX-Tネットワーク仮想化が組み込まれているため、vSphereおよびVMC上のソフトウェアベースの仮想ネットワークをプログラムで管理できます。

オンデマンドのプロビジョニング

パワフルなリリースエンジニアリングツールチェーンであるBOSHを使用して、オンデマンドでK8sクラスタをデプロイします。

VMware Toolsとの容易な統合

vRealize Operations Manager、vSANネットワークストレージ、WavefrontなどのVMwareツールとPKSを統合し、フル機能のオンプレミスデプロイを実現します。

Dockerイメージ用のレジストリHarborを包含

PKSには、エンタープライズクラスのコンテナレジストリサーバーHarborが付属しています。Harborは、脆弱性スキャン、アイデンティティ管理、複数レジストリのサポートにより、オープンソースのDockerを拡張します。

Pivotal Services Marketplaceとの統合

増加する アドオンサービス のライブラリによりPKSを拡張します。Service Broker APIにより、APMツール、データベースサービスなどを簡単に追加できます。

GKEとの互換性を維持

アプリケーションはPKSとGoogle Container Engine(GKE)間で相互互換性があります。すなわち、GKEに(そしてGKEから)ワークロードを簡単に移行することができます。

オープンソースで構築

PKSは、Cloud FoundryのコンテナランタイムKuboと呼ばれていたプロジェクト)上に構築されています。




お問い合わせ
ご関心をお寄せいただきありがとうございます!

私たちはすぐにご連絡いたします。
In the meantime, please explore, download, and update Pivotal software and services.


Questions?