マイクロサービス:拡張可能なソフトウェアを、より迅速にデリバリする


マイクロサービスは、個々のチームがソフトウェアをより頻繁に納品することを可能にしますが、それには新しい考え方とアーキテクチャパターンの刷新が必要です。マイクロサービスアーキテクチャを導入することで、より良く、より迅速な実行が可能になります。
共有

マイクロサービスとは

マイクロサービスとは、単一目的のサービスの連続的なデリバリを優先順位付けするために個々のチームが用いる構造的なアプローチを意味します。マイクロサービスモデルは、緊密に統合されたモジュールから成り、頻繁に納品できず、単一ユニットとして規模の拡大縮小を行う必要がある従来のモノリシックソフトウェアの対極にあるものです。モノリシックアプローチは一部の組織やアプリケーションではうまく機能しますが、より優れたアジリティや拡張性を求める企業では、マイクロサービスの方が一般的になり始めています。




マイクロサービスが重要である理由

顧客のニーズにより敏感に反応

マイクロサービスアーキテクチャを採用している企業は、顧客が必要とするときに、固定されたリリーススケジュールに縛られることなく、機能を即座にデリバリできます。

ソフトウェアチームのスループットが向上

マイクロサービスは、アジャイルとDevOpsの原則の上に構築されているため、ソフトウェアチームは、個別の機能をすばやく反復処理しながら、並行して作業を実行できます。

システムの拡張性と信頼性の向上

マイクロサービスアーキテクチャは、高い維持性能を誇ります。反復可能な自動化機能に立脚しており、サービスを細かく拡大縮小することが可能で、個々のコンポーネントに不具合が生じてもシステムが動作し続けるよう設計されています。




マイクロサービスとPivotal

Pivotalは、高性能なマイクロサービスアーキテクチャの設計をお手伝いするほか、マイクロサービスを実行するための世界クラスの環境を提供します。

Work with our Pivotal Labs team to initially target applications that require feature iterations and extreme scalability, and then learn how to build teams focused on delivery.

Deploy and manage microservices with Pivotal Cloud Foundry—our cloud-native platform that accelerates your time to value.

Empower your developers with patterns from Spring Cloud Services that overcome key challenges and operational overheads when building distributed systems with microservices



Next Section
Why Microservices