3分間で読める記事

デジタル変革: 変革者になるには

デジタル変革は、良い企業が素晴らしい企業になる方法です。これらの企業は、ソフトウェア駆動となることで、価値を実現するまでの時間を短縮するべく投資を行います。有意義なプロジェクトを選択し、最新の方法論とテクノロジーを組みあわせることで、定期的にリアルタイムの知見を提供し、継続的にイテレーションして、卓越したカスタマーエクスペリエンスをもたらすような、高品質なスマートアプリを構築します。ソフトウェアでビジネスの運営方法を変革するだけでなく、業界、さらには世界に変化をもたらします。


デジタル変革とは

デジタル変革には、ビジネス活動、プロセス、能力、モデルに急速で大規模な変化をもたらし、デジタル技術やその広範な影響力を戦略的に活用することが含まれます。以前は、ITやテクノロジーの重要性を企業が理解していませんでしたが(それ故に10年ほど前はITのアウトソーシングがトレンドでした)、今の企業は複雑な技術的問題をソフトウェアでいかに解決するかに焦点を当てています。

相互依存性と相互接続性は、デジタル変革にとって不可欠な要素です。従来の企業を最新のソフトウェア企業に変えるには、起業家精神を身につける必要があります。つまり、今あるインフラストラクチャを当然と思わず、組織の中核知識や価値を高め、強化するような最新のインフラストラクチャへと移行していくのです。デジタル変革はまた、真の変革を促すため、ソフトウェアやサービスの従来の構築方法やデリバリ方法に代わるものとして、アジャイルおよびリーン方法論を導入するなど、広範な組織的変化が必要です。事業が成功する可能性やタイミングを予測することはできませんが、これらのデジタル変革に着手した企業は、既存のプロセスを再考し、最新のインフラストラクチャを使用するアジャイルな開発手法に移行することで、競争上の優位性を得ることができるため、成功の確率が大いに高まると言えます。



「CIOは、アジャイルな開発モデルやデリバリモデル、クラウドアーキテクチャ、ならびにソーシャル、モバイル、高度分析といった急速に進化しつつある技術への移行など、顧客エクスペリエンスをさらに良くするために必要な変化を求めています。」

Forrester Research
Forrester's Tech Management Balanced Scorecard, September 2016




デジタル変革が重要である理由

競争上の利点

継続的デリバリの考え方と協働的な開発プロセスの導入は、より迅速でより質の高い意思決定や大規模なデリバリを可能にします。競争力を維持するには、いずれの企業もある程度はデジタル変革を受け入れざるを得なくなるでしょう。

経済的な利点

ソフトウェア駆動の企業は、データを活用することで、ビジネス上の意志決定からエゴや政治的な思惑を排除して、高い業績を上げています。

戦略的利点

組織全体で足並みを揃えることで、チームメンバーは常に、適切な理由のために、適切な顧客に向けて、適切な仕事を行っているといった自信を持つことができます。

文化的利点

チームのコミュニケーションを密にすることで、仲間意識が高まり、離職率の低減にもつながります。

運用効率

最新のプロセスやテクノロジーは、運用コストの低減に役立つほか、企業はメンテナンスへの投資額を減らし、その分、迅速な変化やグリーンフィールド開発を支えるイノベーションによる多く投資することができます。

開発者の生産性の向上

生産性の高い開発者とは、満足している開発者です。アジャイルおよびリーン開発モデルを活用している企業は、管理タスクを削減し、デリバリの速度を高め、価値を実現するまでの時間を大幅に短縮させます。

開発期間の短縮

モノリシック開発手法やツールは、リリースが1年に1、2回しかないため、イノベーションが制限されます。最新の開発アプローチやツールを用いているチームは、継続的にリリースでき、市場で先発者優位性を確保できます。



デジタル改革と従来のアプローチとの比較
デジタル変革を実践
デジタル変革なし
アジャイルで柔軟。 アジャイル手法やリーン手法といった最新の開発アプローチは、デリバリの速度を向上させ、チームが冒険することを可能にする。 複雑で柔軟性が低い。ウォーターフォール型のような従来の開発アプローチは、スケジュール第一で、常にプロセスに従うことが求められます。
オープン。 オープンソースソフトウェアやオープンコミュニティを活用することにより、協働的なイノベーションをサポートする。 専用技術。 企業を特定の技術やアプローチに縛り付けるようなシステムを使用しており、廃止するにもコストがかかる。
予測的分析。チームは、スマートアプリケーションを通じて、リアルタイムで知見を実用化できます。 過去に関する報告。チームは、過去の行動を理解するためのビジネスインテリジェンスデータを検索し、それらの傾向についてレポートします。
パーソナライズされ、卓越したエクスペリエンス。アジャイルデータサイエンスを通じ、組織はデータを使用して継続的にイテレーションし、プロセスや結果に磨きをかけ、アプリケーションを改善できます。 単一のエクスペリエンス。従来、組織は顧客が何を望んでいるかを想像し、それに基づいてアプリケーションの作成や修正を行ってきました。
継続的で反復的なデリバリ。 チームは開発中、ソフトウェアを常にリリース可能な状態にできます。 シーケンシャルなデリバリ。 ウォーターフォール型の方法論は、シーケンシャルな設計プロセスを推進するもので、構想、イニシエーション、分析、設計、構築、テスト、実稼働、保守といった各段階が完了しなければ、修正を行うことができません。ソフトウェアは、プロセスが完了して初めてリリースされます。
アプリケーション中心型およびAPI主導型。 チームは、プラグアンドプレイソフトウェアコンポーネントを通じて製品やサービスの経験を絶え間なく向上させることに基づいて、市場でより効果的に競合することに重点を置いています。 ハードワイヤードで脆弱。チームは、大量のコード記述が必要な古いテクノロジーを使用して、サイロ化されたシステムを更新します。


デジタル変革とPivotal

デジタル変革により、企業は中断にすばやく対応できるようになります。Pivotalの統合型クラウド技術は、協働的なアプリケーション開発とデータ/分析ソリューションとの組み合わせにより、卓越したエクスペリエンスを提供する次世代のアプリケーションの構築と実行を可能にします。当社は、顧客と協力し合いながら、下記によって今日のビジネス変革のニーズに対応します。

アジャイル方法論を用いて、新興企業のようなスピードで高品質な製品を構築する

次世代のクラウドネイティブなプラットフォームを用いて、障害に対する弾力性をもたらす

ビッグデータ分析によって市場に対する知見を提供する



デジタル変革の必須要素
アジャイル プラットフ ォーム データ



Pivotalがもたらす転機
Pivotalとのパートナーシップにより、サンダンス・インスティテュートのデジタルインフラストラクチャ構想が現実のものとなりました。
Pivotalの助けにより、ヒューマナは従来の手法から脱却してデジタル変革を推進し、俊敏性を大幅に高めることができました。
メルセデスベンツは、Pivotalの協力のもと、デジタル企業を目指す変革の旅路を進んでいます。



Pivotal Labs
ソフトウェアの構築方法を変革する - 一度に1つのストーリー


Pivotal Tracker
チームの成功に向けた、実績あるプロジェクト管理


Pivotal Cloud Foundry
完全に自動化されたセルフサービスデプロイを可能に


デジタル変革関連の資料をお探しですか?

全ての資料を表示

Get started with Digital Transformation
A Transformation Journey - Brad Miller, Citi

ビデオを見る

Digital Transformation with Pivotal Cloud Foundry and Microsoft Azure

詳細を見る

Meet our Transformation Advocates

詳細を見る

Read Next
スマートアプリケーション