Paul Maritz

Chairman of the Board


VMware在職時には、会社を仮想化におけるテクノロジーリーダーからクラウドコンピューティングにおけるカテゴリーリーダーへと変革を導きました。MaritzはVMwareの取締役を兼任しています。

VMwareに入社する前は、自身が創業者かつCEOであったPi社の2008年2月EMCによる買収後は、EMCのクラウドインフラおよびサービス部門の社長を務めていました。Pi社を設立する前は、14年間Microsoftに勤務していました。そこでは、同社の経営全体を統括する5人の経営委員のメンバーの1人として従事し、Windowsクライアントの製品開発およびマーケティングを担当していました。