SpringがクラウドネイティブJavaアプリケーション開発を加速

クラウドネイティブアプリケーションは、リスクを低減しながらビジネス価値を提供します。 これらの要求を満たすために、マイクロサービスの開発者は、スケーラブルでポータブルで障害と頻繁な変更に強いアプリケーションおよびアーキテクチャを構築し、繰り返していく必要があります。 Springテクノロジは、マイクロサービスにスピードとレジリエンスをもたらすともに、Java開発者に次世代アプリケーション開発の喜びを与えます。これらはApache 2.0ライセンスで使用可能です。

Pivotal Web ServicesにSpringアプリケーションをデプロイ
折り紙付きです

自信を持ってコードを書きましょう - Springのオープンなプログラミングモデルは世界中の何百万もの開発者で使用されています。10年以上の実績を通じて、Springは最も要求の厳しいミッションクリティカルなエンタープライズのアプリケーションやコンシューマースケールの膨大なWebワークロードの処理の実現しています。

Spring Bootで何でもビルド

Spring Bootは、Springの初期設定作業を最小限にし、開発者が可能な限り素早く開発に取りかかれるように設計されています。 Spring Bootは、プロダクションレディなアプリケーションをお任せで構築できるようにするという視点で取り組んでいます。Springを初めて使う開発者でもベストプラクティスに従ったモダンなアプリケーションを直感的かつ容易に開発できます。シンプルで一貫性のある開発体験を通じて、REST、WebSocket、メッセージング、リアクティブ、データ、統合、バッチ機能を備えたマイクロサービスを構築可能とします。

詳細を見る

Spring Cloudで何でもコーディネート

Spring Cloudは、マイクロサービスに耐障害性と高信頼性とコーディネーションを提供するために実績のあるパターンを実装しており、マイクロサービススタイルの分散アーキテクチャの構築を簡単にします。これらはSpring Bootの革新的なアプローチをエンタープライズJavaにダイレクトに取り入れることで実現されています。Spring Cloud Servicesを使用することで、Pivotal Cloud Foundry®のお客様はサービスレジストリ、コンフィグサーバー、サーキットブレーカーダッシュボードといったSpring Cloudのコーディネーション機能を、本番環境ですぐに使えるセキュアーなターンキーソリューションとして利用可能です。

詳細を見る

Spring Cloud Data Flowで何でも統合

モバイルデバイス、センサー、ウェアラブル、自動車など、あらゆる物がインターネット経由で企業のシステムにつながる時代です。Spring Cloud Data Flowは、コンポーザブルなデータ・マイクロサービスを構築するための統合されたサービスを提供し、ストリーミング処理およびETLベースのデータ処理パターンに対応します。

詳細を見る

Spring Securityで何でもセキュア化

Spring Securityは高度な認証と認可機能を提供し、これらの機能をマイクロサービスに簡単に埋め込むことができます。Java Webサーバーの種類に依ません。SAML、OAuth、LDAPなどの既存のセキュリティ機能と統合しながら、OWASPで挙げられているセキュリティの脅威への対策をマイクロサービスに組み込みます。

詳細を見る

Spring Bootを使って何でもビルド

Spring Bootを使用すると、実行可能でプロダクションレディなTwelve-Factorアプリケーションを簡単に作成できます。あとは"実行するのみ"です。

Spring Initialzr、CLI、IDEを使って数秒で始めましょう

組み込みTomcat、Jetty、Undertowが自動設定されます。

依存関係の管理が自動化されます。

Spring Bootの実行可能なjarファイルはPivotal Cloud Foundryでそのまま動きます。

設定は0またはほんの少しのみでコーディングを始められます。

自動リスタート、SSH、ライブリロードなどの開発者向けのツールが用意されています。

プロダクションレディなトレーシング、メトリック、ヘルスチェック機能があります。

Spring Cloudで何でもコーディネート

Spring Cloudは、耐障害性と信頼性の高いマイクロサービスを構築するための、シンプルで使いやすいプログラミングモデルを提供します。

サービスレジストリー

クライアントサイドのロードバランシングとスマートなルーティングを可能にするダイナミックディレクトリ

クラウドバス

ステートチェンジやリーダー選出をブロードキャストするアプリケーションバス

サーキットブレーカー

モニタリングダッシュボード付きのマイクロサービス向けフォールトトレランス

OAuth2

シングルサインオン、アクセストークンのリレー、エクスチェンジをサポート

コンフィグレーションサーバー

アプリケーションを再起動せずに、ライフサイクル状態に応じて動的でバージョン管理されたコンフィグレーションの反映を実現

ライトウェイトなAPIゲートウェイ

APIコンシューマ(ブラウザ、デバイス、その他のAPI)の単一エントリポイント

マイクロサービスの運用とセキュリティを担うPivotal Cloud Foundryにおけるターンキーソリューション

Spring Cloud 機能マトリックス
機能
Spring Cloud OSS
Spring Cloud Services
for Pivotal Cloud Foundry
Pivotal Cloud Foundry上で自動化された本番運用
---
Pivotal Cloud Foundry上で自動化された設定とインストール
---
サーキットブレーカーのダッシュボードおよびRabbitMQを用いたメトリクスプッシュ対応の自動プロビジョニング
---
Pivotal Cloud Foundry UAAによるサービス間アクセスの自動認可
---


Spring Cloud Data Flowであらゆるものを接続

Spring Cloud Data FlowはJマイクロサービス開発者にバッチ・ストリーム処理を統合する強力な手段をもたらします。プロプライエタリなベンダスキルは必要としません。

単一のプログラミングモデルでリアルタイムにインジェスト、トランスフォーム、ストア&分析

ストリーム処理とバッチ処理

Hadoop、Redis、GemFire、そして仮想的にはいかなるデータストアをデータの入力先、出力先として利用可能

データ転送のメッセージングバスとしてKafka、GemFire、およびRabbitMQを利用可能

視覚的にパイプラインをデザイナ可能なSpring Flo

シンプルで分かり易いシンタックスで簡単に記述できるスクリプト言語機構を組み込み

データパイプラインの構成要素を独立しての開発 / スケール可能

データ連携またはマイグレーションで既存システムからクラウドに移行

Pivotal Cloud Foundry、Apache YARN™またはローカル環境で実行可能



Spring Securityで何でもセキュア化

Spring Securityは、強力でカスタマイズ可能な認証・認可のフレームワークです。 Springベースのアプリケーションをセキュアにするためのデファクトスタンダードであり、Spring Bootでフルサポートされています。

OWASP セッションフィクセーション、クリックジャック、クロスサイトリクエストフォージェリーのようなOWASPのトップに位置する攻撃からの保護

SAML 2.0サポート - 拡張機能によりSAML 2.0をサポートするアイデンティティプロバイダ製品(ADFS、Okta、Shibboleth、OpenAM、Efecte EIM、Ping Federateなど)と統合できます。

OAuthサポート - Oauth 1aおよび2をサポート

きめ細かで豊富な認証アクセス制御リスト(ACL)機能