Pivotal + VMware: Transforming how more of the world builds software
Press Release

Pivotal Cloud Foundry®、2014年に記録的な成長を達成、

オープンソース ソリューションとして初年度売上が史上最高の成長率で推移アジャイル環境への変革が競合優 位性となるすべての業界において、Pivotal Cloud Foundry®が最良のプラットフォームとして認識


概要

フォーチュン100、フォーチュン500にランクされる企業からの需要が急増 - エンタープライズ アジャイルへの変革を実現するソリューションとして、「Pivotal Cloud Foundry」を導入

「Pivotal Cloud Foundry」は、初年度売上が、かつてないスピードで急成長を遂げたオープンソース ソリューションに




2015年1月29日、米国カリフォルニア州サンフランシスコ発: 「Cloud Foundry」の開発者である Pivotal (本社: カリフォルニア州サンフランシスコ、CEO(最高経営責任者):ポール・マリッツ)は、2014年の「Pivotal Cloud Foundry」 の導入および売上が、過去最高の勢いで成長したことを発表しました。Pivotal は、業界をリードするオープンなクラウド プラットフォームによって、市場におけるクラウドの導入と利用環境を根本から変え、あらゆる企業をサポートする大規模Webアプリケーション構築の先駆けであるアーキテクチャの優れたアジリティ(俊敏性)とレジリエンス(回復性)をクラウドの世界にもたらしています。

「Pivotal Cloud Foundry」のソフトウェア売上は、1年未満で4,000万米ドルに迫っています。また、米国保険会社トップ3社のうち2社、北米通信事業者トップ3社のうち2社、フォーチュン500内の7社を含む世界的な大手企業が、モノのインターネット(Internet of Things:IoT)環境を実現する基盤として、「Pivotal Cloud Foundry」を選択しています。「Pivotal Cloud Foundry」は、あらゆる業界で幅広く採用されており、かつてないスピードで急成長を遂げているオープンソース ソリューションです。

企業における新しいアプリケーションやソフトウェアの構築はアジャイル開発へとシフトしつつあり、企業は顧客へ質の高いデジタルエクスペリエンスを提供しながら、それぞれの業界プロセスのさらなる効率化を実現しています。このようなアジャイル環境への変革を実現するためには、新しいカスカスタマーエクスペリエンスを短時間で大規模に展開できる環境が必要です。しかし、レガシーシステムとプロセスを基盤にした環境では、アプリケーションの展開とアップグレード、運用に伴う手間がその障害となっていることがほとんどです。そのため企業は、オープンなクラウド プラットフォームを必要としています。

事例のご紹介:ゼネラル・エレクトリック(GE)、フィリップスをはじめとする世界トップ企業がPivotalを採用

ゼネラル・エレクトリック(GE):ソフトウェアと分析を重視するGEの姿勢の背景となっているのが、「インダストリアル・インターネット」というシンプルかつ普遍的なビジョンです。GE製か他社製かに関係なく、インテリジェントな機器がオンライン ネットワーク上で、スケジュール通りに、安全かつ効率的に高い信頼性でデザイン通りに機能することが重要です。これによって「成果を売る経済(Outcome Economy)」 環境が創られます。しかし、機器、ソフトウェア、分析、データのすべてを統合し、このような革命的環境がもたらすメリットをフル活用できる企業は、ほとんどありません。進歩や発展を促進しながら技術面の課題を解消するため、GEはPivotalとのパートナーシップを通じて、業界で検証済みの顧客ニーズへの知識、マシンの複雑な言語、アジャイル開発、「Pivotal Cloud Foundry」、インダストリアル・インターネットのためのソフトウェア プラットフォーム「Predix」のすべてを統合しました。これによって、あらゆるマシンをプラグインしてデータを共有し、個々の資産から最大限の価値を引き出す環境を実現できます。

フィリップス:照明器具で知られる業界大手のフィリップスは、デジタルヘルスケア製品の販売促進に取り組む方針を決定しました。しかし、拡張性と柔軟性に欠けるレガシーシステムが、その障害となっていたことから、同社の新しいHealthSuite デジタルプラットフォームをサポートするソリューションとして、「Pivotal Cloud Foundry」の導入を決定しました。「Pivotal Cloud Foundry」によって、クラウド環境とオンプレミス(自社運用型)環境の両方から迅速にデータへアクセスすることが可能になり、アジャイル開発に不可欠な柔軟性が高まりました。また、「Pivotal Cloud Foundry」のクラウドにとらわれないデザインによって、ニーズに合わせた最適なクラウドプラットフォームを自由に選べるようになりました。「Pivotal Cloud Foundry」を基盤に構築したHealthSuite デジタルプラットフォームを通じて、新しいサービスや価格モデルを迅速かつ効率的に展開できるようになったことで、フィリップスは、新たな収益の流れを引き寄せるとともに、新しい市場における機会を増大させることが可能になりました。

CoreLogic:企業や政府への消費者情報、金融情報、不動産情報、分析、サービスなどの提供におけるリーディングプロバイダーであるCoreLogicは、同社のIT戦略ならびに事業を支えているテクノロジー環境を新たな視点から見直す必要性を感じていました。そして、テクノロジー環境を検証した結果、連携して機能するように最適化されていない複数の異種システム、ツール、テクノロジーが同社のビジネスの阻害要因になっていることが明らかになりました。2014年、CoreLogicはPivotalとのパートナーシップ関係を大幅に拡張し、より高いアジリティで迅速に動くことを可能にする、統一されたオープンなクラウドプラットフォームを実現するため、「Pivotal Cloud Foundry」を基盤に同社のテクノロジーを標準化することを決定しました。

Supporting Quotes

James Watters, Vice President Cloud Platform Group, Pivotal

“2014 marked a new era of enterprise cloud innovation, driven by tremendous business demands on IT to deliver next generation consumer services and industrial technologies. Pivotal Cloud Foundry became the world’s fastest growing open source product ever with companies in all major geographies and vertical markets moving to an open cloud platform.”

Harel Kodaesh, Vice President and Chief Technology Officer, GE Software

“We have great admiration for the work Pivotal has achieved in the past couple of years to establish its technology as a standard for cloud application development. As we look to open up our Predix® software platform for the Industrial Internet in 2015, Pivotal Cloud Foundry will be a cornerstone of our cloud platform strategy. Predix will be the leading platform for secure industrial connectivity, data collection, industrial insights, and cloud deployment.“

Resources


Pivotalについて

Pivotalは、クラウドネイティブ・プラットフォームと開発ツール、ユニークなメソドロジーを組み合わせ、世界の大手企業にとって重要なアプリケーションの構築と実行の変革をご支援しています。 Pivotalのテクノロジーは、グローバル2000企業がソフトウェア開発とIT運用における戦略的優位性を達成するために使われています。

Pivotalジャパン株式会社について

本社:〒106-6120 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー20階
設立:2013年7月1日
代表者:正井 拓己(カントリー・マネージャー)
URL: http://pivotal.io/jp

Pivotalは、EMC、VMware、GEの投資に基づく新しいソフトウェア・カンパニーとして、ビッグデータ分野では Pivotal HDやGreenplum DB、クラウド分野では Pivotal Cloud Foundryを提供しているのに加え、アジャイル開発サービスやデータサイエンスサービスなど様々な事業を展開しています。

ニュースリリースに関するお問い合わせ
  • Pivotalジャパン株式会社 :
    Tel: 03-5308-8800  / E-mail: info-jp@pivotal.io
  • 共同PR株式会社 第二業務局 担当:本島、立川、児玉
    Tel: 03-3571-5326  / E-mail: emcpr@kyodo-pr.co.jp


©2014 Pivotal Software, Inc. All rights reserved. Pivotal、Cloud Foundryは、Pivotal Software, Inc. の登録商標または商標です。これらの商標は、米国または諸外国で商標登録等により、適用法令で守られている場合があります。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

This release contains “forward-looking statements” as defined under the Federal Securities Laws. Actual results could differ materially from those projected in the forward-looking statements as a result of certain risk factors, including but not limited to: (i) adverse changes in general economic or market conditions; (ii) delays or reductions in information technology spending; (iii) competitive factors, including but not limited to pricing pressures and new product introductions; (iv) risks associated with managing the growth of our business, including risks associated with acquisitions and investments and the challenges and costs of integration, restructuring and achieving anticipated synergies; (v) the transition to new products, the uncertainty of customer acceptance of new product offerings and rapid technological and market change; (vi) the relative and varying rates of product price and component cost declines and the volume and mixture of product and services revenues; (vii) the ability to attract and retain highly qualified employees; (viii) component and product quality and availability; (ix) fluctuating currency exchange rates; (x) threats and other disruptions to our secure data centers or networks; (xi) our ability to protect our proprietary technology; (xii) war or acts of terrorism; and (xiii) other one-time events and other important factors disclosed previously and from time to time in the filings of EMC Corporation, the parent company of Pivotal, with the U.S. Securities and Exchange Commission. EMC and Pivotal disclaim any obligation to update any such forward-looking statements after the date of this release.

お問い合わせ