Pivotal Function Service (PFS)

サーバーレスプログラミングをすべてのクラウドで

早期アクセスを希望の方はご連絡を

イベントに応答して関数を実行

アーキテクチャに関数を追加することで時間を節約。Pivotal Function Service(PFS)は、Webイベントやイベントベースの統合、大規模なストリーミングデータなどのアクションを処理可能にします。


HTTP/メッセージブローカーを介して関数を起動

PFSでは、さまざまなイベントに対して素早く関数を設定できます。PFSは、イベントストリーム処理をサポートするように設計されており、言語非依存の関数コンテナインターフェースを介してメッセージトピックに接続します。

どこでも関数を実行

PFSを使用すると、オンプレミスやパブリッククラウド上で容易に関数を実行して、柔軟性を最大限に高めることができます。

最新のDevOpsワークフローの使用

PFSでは、サーバーレスのシナリオに対して、使い慣れたコンテナベースのワークフローを使用できます。






特長

イベントストリーミング

PFSはイベントを受信し処理します。パーティションとウィンドウ処理を使用してデータストリームを解析するため、利用者はストリームのサブセットにアクセスできます。

多言語

PFSは、選択したフレームワーク(Node.js、Spring/Java、またはShell)での関数のオーサリングをサポートしています。

オープンソースで構築

PFSは、オープンソースプロジェクトであるriffを使用して構築しています。

プラガブルなイベントブローカー

PFSは、Kafka、AWS Kinesis、Google Pub/Sub、RabbitMQなどの人気のあるメッセージブローカーと簡単に接続できます。

完全なサポート

PFSはPivotal Cloud Foundryの一部として、まもなく販売開始の予定です。

Kubernetesネイティブ

PFSは、Kubernetes上でネイティブに稼働します。このため、イベントの応答でコードやコンテナを簡単にトリガすることができます。

ユースケース
Webイベント

フォーム送信ハンドラ、認証、トラッキング、ロギングなどのWebサイトのバックエンドサービス

モバイル/Webアプリケーション用のバックエンドデータサービスへのAPI(GraphQLなど)

Webhookハンドラ

継続的インテグレーション/継続的デリバリー (CI/CD)の自動化

チャットとの統合

Alexaスキルのようなデジタルアシスタントサービス

イベントベースの統合

スケジュールされたタスク、ETL

ファイル処理(画像や動画など)

セキュリティスキャン

監視、通知、アラートなど、複雑なイベント処理とデータキャプチャの変更

APIゲートウェイ経由のようなカスタム認証

大規模ストリーミングデータ

バルク処理

IoTストリーム

ログの取り込み

マシンラーニング

ステートフルなストリーム処理

ビジネス全体を運用する統一プラットフォーム

Pivotal Cloud Foundryは、企業全体を運用する単一のソフトウェアプラットフォームを提供する目的で設計されており、拡張機能によって数百のITチームと数千のアプリケーションをサポートすることができます。

Request Early Access
ご関心をお寄せいただきありがとうございます!

We will contact you when access to the release has been made available to you on Pivotal Network.

詳細を見る