Pivotal Function Service (PFS)

サーバーレスプログラミングをすべてのクラウドで

2018年にリリース予定。 早期アクセスを希望の方はご連絡を

イベントに応答して関数を実行

アーキテクチャに関数を追加することで時間を節約。Pivotal Function Service(PFS)は、Webイベントやイベントベースの統合、大規模なストリーミングデータなどのアクションを処理可能にします。


HTTP/メッセージブローカーを介して関数を起動

PFSでは、さまざまなイベントに対して素早く関数を設定できます。PFSは、イベントストリーム処理をサポートするように設計されており、言語非依存の関数コンテナインターフェースを介してメッセージトピックに接続します。

どこでも関数を実行

PFSを使用すると、オンプレミスやパブリッククラウド上で容易に関数を実行して、柔軟性を最大限に高めることができます。

最新のDevOpsワークフローの使用

PFSでは、サーバーレスのシナリオに対して、使い慣れたコンテナベースのワークフローを使用できます。






特長

イベントストリーミング

PFSはイベントを受信し処理します。パーティションとウィンドウ処理を使用してデータストリームを解析するため、利用者はストリームのサブセットにアクセスできます。

多言語

PFSは、選択したフレームワーク(Node.js、Spring/Java、またはShell)での関数のオーサリングをサポートしています。

オープンソースで構築

PFSは、オープンソースプロジェクトであるriffを使用して構築しています。

プラガブルなイベントブローカー

PFSは、Kafka、AWS Kinesis、Google Pub/Sub、RabbitMQなどの人気のあるメッセージブローカーと簡単に接続できます。

完全なサポート

PFSはPivotal Cloud Foundryの一部として、まもなく販売開始の予定です。

Kubernetesネイティブ

PFSは、Kubernetes上でネイティブに稼働します。このため、イベントの応答でコードやコンテナを簡単にトリガすることができます。

ユースケース
Webイベント

フォーム送信ハンドラ、認証、トラッキング、ロギングなどのWebサイトのバックエンドサービス

モバイル/Webアプリケーション用のバックエンドデータサービスへのAPI(GraphQLなど)

Webhookハンドラ

継続的インテグレーション/継続的デリバリー (CI/CD)の自動化

チャットとの統合

Alexaスキルのようなデジタルアシスタントサービス

イベントベースの統合

スケジュールされたタスク、ETL

ファイル処理(画像や動画など)

セキュリティスキャン

監視、通知、アラートなど、複雑なイベント処理とデータキャプチャの変更

APIゲートウェイ経由のようなカスタム認証

大規模ストリーミングデータ

バルク処理

IoTストリーム

ログの取り込み

マシンラーニング

ステートフルなストリーム処理




詳細を見る



PCF 2.0の紹介

Pivotal Function Serviceは2018年にリリース予定です。
ご関心をお寄せいただきありがとうございます!

We will get back to you shortly.
In the meantime, please explore, download, and update Pivotal software and services.