Stemcells

クラウドネイティブ時代の組み込みOS

OSのパッチ適用はもう心配ありません!Stemcellは、簡単に大規模レベルで更新できる組み込みオペレーティングシステム(OS)により、クラウドネイティブプラットフォームを安全に保ちます。Stemcellを使用すると、データセンターやパブリッククラウドの脆弱性だけでなく、構成上の問題も簡単に修正できます。LinuxおよびWindows Serverが利用可能です。

組み込みOSが開発者と運用管理者の生産性を向上

チームを、より価値の高い業務に注力させましょう。Stemcellを使用して、OSのパッチや更新を自動化することで、クラウドネイティブのプラットフォームを安全に保ち、より円滑に稼働させることができます。

インフラストラクチャの確実な切り替え

Stemcellがクラウド間の移行を支援します。もはやOSイメージ間の違いについて心配する必要はありません。

既知の良好な状態に照らしてサーバーを頻繁に更新

Stemcellは、大規模サーバーフリートを修復、更新して、有害な攻撃のリスクを軽減します。サーバーを更新するには、新しいStemcellをアップロードし、BOSHがデプロイコマンドを再作成するだけです。

ビデオを見る
BBL、BOSH 2.0、およびCF-DeploymentによるCloud Foundryのデプロイ

概要

Stemcellは、IaaS特定のパッケージでラップされた、バージョン管理されたオペレーティングシステムイメージです。


仕組み

Stemcellとは、BOSHが管理する仮想マシンのファイルシステムを含む、カスタマイズされたOSイメージです。

Stemcellは、OSにバンドルされている他のソフトウェアパッケージとの強力な分離能力を提供します。下層にあるインフラストラクチャにかかわらず各Stemcellはまったく同じです。これにより、異なるインフラストラクチャターゲット間での、迅速で信頼性の高いモビリティを実現します。Stemcellは、Pivotal Cloud Foundry(PCF)によって提供されるアプリケーションポータビリティでの鍵となります。

同様にPivotalは、特定された脆弱性を修正するために、最新のStemcellに対してテストされたPCFのタイルを定期的に発行します。

bosh.ioのドキュメントを読む – Linux Stemcell

Pivotalのドキュメントを読む – Windows Stemcell


お問い合わせ

ご関心をお寄せいただきありがとうございます!
私たちはすぐにご連絡いたします。