製薬

製薬会社向けデジタル変革ソリューションにより高品質のサービスを提供

Aridhia Informatics、Pivotalのソリューションを用いて臨床研究者の医療データ分析を簡略化。
ビデオを見る

製薬会社が信頼する、Pivotalのクラウドネイティブプラットフォーム、Data ソリューションおよび Pivotal Labs。

• 診断

• 治癒

• 治療

• 疾患予防

• 医療技術

ユースケース
ドラッグデリバリー

モデルを用いて医薬品開発プロセスの洞察を得る。品質基準に満たない製品の損失を避ける。従業員の負荷を減らし、統計ツールでデータ入力の間違いを特定できる仕組みを示す。バイオテクノロジー会社や製薬会社が早い段階で修正措置を講じられるようにする。

企業コンプライアンス

その時々の規制基準を満たすために、コンプライアンスとガバナンスのインフラを修正する際の課題を克服。

臨床研究

より速く結論に到達。複数の医療機関 (EPA、FDA、バイオテクノロジー研究所、CDC、医療機器ベンダー、医薬品研究所、患者、製薬会社、医薬品開発業務受託機関、大学、病院など) にまたがって分散するデータを同時に分析。

医薬品イノベーション

ドラッグリポジショニング、可能性のあるコンパニオン診断の特定、目標集団の治療、リモートによる患者のモニタリングと疾患管理。

「Pivotal は我が社のビジョンを理解し、我々の期待を遥かに上回るものを作り出しました。」
Sze-Ping Wong
Crescendo Bioscience、製品管理者

企業における利点

新製品をより速く投入

新しいアジャイルプロセスを発見することで、製品をより速く投入し、要求に合わせてリソースを拡張し、変化する要件や規制に適応。パブリッククラウドおよびプライベートクラウド向けのサービスとしての集中管理プラットフォームで、アプリケーションの開発、展開、運用を効率化。

モデルの可能性

治療薬の効力を予測し、製造プロセスの洞察を得ることで製造を微調整。ペアプログラミングを利用することで、中立の環境でABテストを実施。

コスト削減

高価なビッグデータのセットを再利用することで、医薬品関連のコストを削減。医薬品のブレークスルーに必要な研究や努力を緩和。採算性を保つために製造コストを抑えつつ、個別化医療を導入。最もコスト効果の高い方法で異なる大陸の患者に医薬品を届けられるよう、プロセスをリエンジニアリング。