Press Release

Pivotal、シリーズCラウンドの資金調達を発表 さらなる拡大と高まる顧客需要に応える態勢を確立

新たな出資企業としてMicrosoftを含め、Fordを主幹事に2億5,300万ドルの資金を調達


概要

シリーズCラウンドにおいて、Fordを主幹事として新たな出資企業のMicrosoftを含め2億5,300万ドルの資金を調達

Fordの出資により、自動車業界におけるPivotalのビジネス推進力と専門性がさらに向上

Microsoft、Microsoft Azure上での「Pivotal Cloud Foundry」への大きなユーザーニーズの高まりに応える結果として出資に参加

2016年4月、Pivotalは創立3周年に

Fortune 100企業の30%がPivotalを導入




2016年5月5日、米国カリフォルニア州サンフランシスコ発: 企業のデジタルトランスフォーメーションを促進しているPivotal®(本社:カリフォルニア州サンフランシスコ、CEO(最高経営責任者):ロブ ミー)は本日、シリーズC(第3ラウンド)で新たな2億5,300万ドルの資金調達が完了する予定であることを発表しました。新たな出資企業であるFordを主幹事とする今回の出資には、Microsoftならびに従来の出資企業であるGE、EMC、VMwareが参加しています。本取引は、法定の承認の受領を含む慣例的な完了条件を満たした後、2016年5月に完了する予定です。

Pivotalは創立3周年を迎えましたが、ソフトウェアを活用したビジネスの変革を求める企業の需要は引き続き右肩上がりで推移しており、その範囲も広がりを見せています。同社の導入企業には米国銀行のトップ10行のうち7行、自動車メーカーの世界トップ5社のうち3社、通信企業トップ10社のうち5社が含まれており、最先端のクラウドプラットフォームおよびデータツールとともに最先端のソフトウェア開発手法を提供するPivotalならではの卓越した価値を実証しています。このようなPivotalのアプローチによって、企業はスタートアップ企業並みのスピードでソフトウェアを構築・稼働し、新たなエクスペリエンスを顧客へ提供することが可能になります。

今回の出資は、これまでにPivotalが達成してきた数々のマイルストーンを基盤にしています。

  • 2016年第1四半期の売上高 - 前年同期比56%増の8,300万ドル
  • サブスクリプションソフトウェア製品(「Pivotal Cloud Foundry」および「Pivotal Big Data Suite」)の年間経常収益*(Annualized recurring revenue: ARR)が、前年同期比200%以上の増加となる1億1,600万ドル(2016年3月31日現在)
  • 「Pivotal Cloud Foundry」と「Pivotal Big Data Suite」が、それぞれ2億ドルと1億ドルの年間契約ランレートのマイルストーンを突破
  • 世界17拠点にオフィスを持ち、従業員数は2,000人以上

GEやFord、Verizon、Home Depot、Comcast、Humana、Lockheed Martinをはじめ、Fortune 100企業の3分の1近くがPivotalの製品およびサービスを使用して自社のビジネスのデジタルトランスフォーメーションを実現し、確立されている既存の市場を根底から覆しています。

PivotalのCEO、ロブ ミー(Rob Mee)は次のように述べています。「当社はお客様とのパートナー関係を基盤に、世界最大規模で最も広く認知されている企業がGoogleやUber、またベンチャー企業が支援するスタートアップ企業のようにソフトウェアを構築し、実行できる世界を創り出します。今回の出資によって当社がカバーできる世界の市場がさらに広がり、他にはない当社のユニークなソフトウェア開発手法と最先端のクラウドプラットフォームおよびアナリティクスツールを、先見の明があるCEOへ提供することが可能になります。FordとMicrosoftが、戦略パートナーとして変革的なクラウドとアナリティクスソフトウェアをさらに多くのお客様へ提供していく当社の活動をサポートしてくれることを非常に嬉しく思います」。

パーソナライズした医療からネットワーク化した産業機械、コネクテッドカーまで、自動車や銀行、通信、保険、小売をはじめとする主要業種の最大手企業が、Pivotalのテクノロジーを基盤に新しい卓越したエクスペリエンスを構築しています。

GE DigitalのCEO、ビル ルー(Bill Ruh)氏は次のように述べています。「GEのインダストリアルインターネットプラットフォームPredixは、Pivotal Cloud Foundryを基盤にしています。この最先端のクラウドソフトウェアのお陰で、プラットフォームを短期間で構築しスケールアップすることができました 。2月の提供開始以降、すでに8,500人以上の開発者がPredixのコミュニティに参加しています」。

これまでの関係を基盤に、FordとPivotalはこれからもFordの製品開発部門とIT部門を通じた最先端のソフトウェア開発手法とアナリティクスツール、最先端のクラウドプラットフォームの利用範囲を広げていきます。どちらの部門も、Pivotalによってスタートアップ企業並みのスピードで革新を進めるとともに運用を行い、数カ月単位だったプロジェクト期間を数週間レベルへ短縮することに成功しています。先週Fordは革新的な消費者プラットフォームFordPass®を発表したばかりですが、これはPivotalとのコラボレーションによる最初のプロジェクトの成果です。

Fordの社長兼CEO、マーク フィールズ(Mark Fields)氏は次のように述べています。「自動車およびモビリティの両方を提供する企業であるためには、卓越したカスタマーエクスペリエンスを提供するための最先端のソフトウェアの経験とノウハウが必要です。Pivotalへの出資によって、このようなカスタマーエクスペリエンスをシリコンバレー並みのスピードで提供する能力がさらに高められ、当社のデジタル/物理/パーソナルモビリティエクスペリエンスプラットフォームであるFordPassも継続的に拡張していくことが可能になります」。

クラウドネイティブなエンタープライズプラットフォームの「Pivotal Cloud Foundry」によって、多くのFortune 1000企業が新しいソフトウェアをスタートアップ企業並みのスピードで構築しているとともに、自社のビジネスの中核となる数千のアプリケーションを、世界レベルの可用性を通じて卓越したスピードで運用しながら、優れたオートメーション、アップタイム、セキュリティを実現しています。Microsoftによる出資は、「Pivotal Cloud Foundry」とMicrosoft Azureとのこれまで以上に緊密な関係を求めるエンタープライズ開発者のニーズの高まりに応えた結果です。

Microsoftクラウド&エンタープライズ事業部のエグゼクティブバイスプレジデント、スコット ガスリー(Scott Guthrie)氏は次のように述べています。「当社が優先しているのは、Pivotal Cloud Foundryを使ったJavaアプリケーションの運用基盤としてMicrosoft Azureが最適な環境であるという位置付けを確立することです。本日の発表は、このような当社のコミットメント、また当社のクラウドプラットフォーム全体を通じて選択肢と柔軟性を重視する姿勢とが反映された結果です」。

Pivotalについて

Pivotalは、クラウドネイティブ・プラットフォームと開発ツール、ユニークなメソドロジーを組み合わせ、世界の大手企業にとって重要なアプリケーションの構築と実行の変革をご支援しています。 Pivotalのテクノロジーは、グローバル2000企業がソフトウェア開発とIT運用における戦略的優位性を達成するために使われています。

Pivotalジャパン株式会社について

本社:〒106-6120 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー20階
設立:2013年7月1日
代表者:正井 拓己(カントリー・マネージャー)
URL: http://pivotal.io/jp

Pivotalは、EMC、VMware、GEの投資に基づく新しいソフトウェア・カンパニーとして、ビッグデータ分野では Pivotal HDやGreenplum DB、クラウド分野では Pivotal Cloud Foundryを提供しているのに加え、アジャイル開発サービスやデータサイエンスサービスなど様々な事業を展開しています。

ニュースリリースに関するお問い合わせ
  • Pivotalジャパン株式会社 :
    Tel: 03-5308-8800  / E-mail: info-jp@pivotal.io
  • 共同PR株式会社 第二業務局 担当:本島、立川、児玉
    Tel: 03-3571-5326  / E-mail: emcpr@kyodo-pr.co.jp


* Annual Recurring Revenue (“ARR”) is an operational performance metric used to assess trajectory. ARR is calculated as the value of contracted recurring revenue of term subscriptions which includes both current subscriptions and contracted subscriptions with a future start date, adjusted by the actual churn in the period. ARR should be viewed independently of revenue and any other GAAP measure.

©2016 Pivotal Software, Inc. All rights reserved. Pivotal is a trademark and/or registered trademark of Pivotal Software, Inc. in the United States and/or other countries.

“Safe Harbor” Statement: This release contains “forward-looking statements” as defined under the Federal Securities Laws. Actual results could differ materially from those projected in the forward-looking statements as a result of certain risk factors, including but not limited to: (i) risks associated with the proposed acquisition of EMC by Denali Holdings, Inc., the parent company of Dell, Inc., including, among others, assumptions related to the ability to close the acquisition, the expected closing date and its anticipated costs and benefits; (ii) adverse changes in general economic or market conditions; (iii) delays or reductions in information technology spending; (iv) the relative and varying rates of product price and component cost declines and the volume and mixture of product and services revenues; (v) competitive factors, including but not limited to pricing pressures and new product introductions; (vi) component and product quality and availability; (vii) fluctuations in VMware, Inc.’s operating results and risks associated with trading of VMware stock; (viii) the transition to new products, the uncertainty of customer acceptance of new product offerings and rapid technological and market change; (ix) risks associated with managing the growth of our business, including risks associated with acquisitions and investments and the challenges and costs of integration, restructuring and achieving anticipated synergies; (x) the ability to attract and retain highly qualified employees; (xi) insufficient, excess or obsolete inventory; (xii) fluctuating currency exchange rates; (xiii) threats and other disruptions to our secure data centers or networks; (xiv) our ability to protect our proprietary technology; (xv) war or acts of terrorism; and (xvi) other one-time events and other important factors disclosed previously and from time to time in the filings of EMC, the parent company of Pivotal, with the U.S. Securities and Exchange Commission. EMC and Pivotal disclaim any obligation to update any such forward- looking statements after the date of this release.

お問い合わせ