Tech Insights

クラウドネイティブアプリケーション:より迅速な納品、リスクの低減、ビジネスの成長


Pivotalのクラウドネイティブアプリケーション

2013年の創設以来、Pivotalは、Spring Boot/CloudによりクラウドネイティブJavaのリーダーとして、さらにCloud Foundryによってクラウドネイティブプラットフォームのリーダーとして知られており、マイクロサービス、継続的デリバリ、およびマルチクラウドポータビリティの接点としての役割を果たしてきました。

Pivotal Platformは、DevOps、継続的デリバリ、マイクロサービス、およびコンテナの概念を自動化し、統合することで、クラウドネイティブなサービスを構築し、運用することを可能にするプラットフォームです。Pivotalプラットフォームを使用することで、企業は開発期間を短縮し、より迅速にクラウドの可能性を最大限に引き出します。また、より効果的に競争し、顧客を獲得し、収益を高めることを可能にします。

Pivotalのクラウドネイティブプラットフォームは、インフラストラクチャからアプリケーション開発まで統合されたスタックで、下記のように需要に合わせてすばやくアプリケーションの規模を最適化できます。


Pivotal Platform Architecture


Cloud Foundryは、企業に連続的なイノベーションの流れを提供します。たとえば、Netflixのマイクロサービススタックがクラウドアーキテクチャ用ソリッドフレームワークとして登場したとき、PivotalはそれをPivotal Platformに追加しました




前へ
Pivotal Perspectives
次へ
お客様事例
お問い合わせ